医療用レーザーにも苦手な脱毛部位があるの?

レーザー脱毛はどんな毛でも脱毛可能なイメージがありますが、一般に普及している医療用レーザーの機械は、細いうぶ毛や色の薄い毛の脱毛は苦手です。

レーザー光線は、フィルタを使うことで、波長を自由に変えられます。
脱毛に使うレーザー光線は、黒い色に反応するフィルタを使っています。
レーザー光線を照射すると、毛根と、毛根から伸びている毛の部分に、レーザーのエネルギーが伝わります。
この時、レーザー光線の熱が体毛に吸収され、その後、放熱します。
放熱する時に、毛根が破壊されて、むだ毛の再生能力を奪うのです。
この一連のプロセスを、「むだ毛を燃やす」「毛根を壊す」など説明することがあります。
実際に加熱するわけではありませんが、レーザー光線の強い力がむだ毛に集中して、熱エネルギーに変わるのです。
レーザー脱毛をすると、タンパク質が焦げたようなにおいがすることがあるのはそのためです。

一方、うぶ毛や色の薄い毛は、レーザー光線の熱を十分に蓄えられないので、レーザーを照射しても、毛根を破壊するほどのエネルギーが加わりません。
でも、うぶ毛の脱毛を希望する人が多いため、うぶ毛に対応するダイオードレーザーが開発されました。
ただし、他の部位と比べると、うぶ毛の脱毛はレーザーを当てる回数が多くなるようです。
クリニックによっては、フォトフェイシャル(光脱毛)と併用しながらうぶ毛の脱毛を行います。
うぶ毛の脱毛を希望する人は、クリニックでカウンセリングを受ける時に、どのような方法で脱毛するかとレーザー照射の回数について確認しておきましょう。


Copyright (C) 医療用レーザー脱毛の回数は何回やればきれいになる?. All Rights Reserved. |リンク