医療用レーザーは光脱毛より少ない回数で脱毛できる?

医療レーザーは、エステで行っている光脱毛より少ない回数で脱毛できるのにはわけがあります。

■出力の違い
レーザー脱毛や光脱毛など、光を使った脱毛は、どのくらいのパワーで光を照射できるかをジュールという単位で表わします。
医療用レーザーは、40ジュールくらいまで出力を上げられます。
中には60ジュールまで上げられる機械もあります。
出力が高くなると、それだけメラニン色素に強く反応するので、皮膚の奥にある毛根を、より多く破壊して脱毛が促進されます。
1回の脱毛で脱毛できるむだ毛が増えるということは、少ない施術回数でも脱毛効果を十分得られるということです。

もちろん、高出力の機械を使うとヤケドをする危険も高くなりますが、出力時間を短くして、ほとんど肌にダメージを与えずにレーザー光線を照射するなど、技術革新が進んでいます。
一方、光脱毛の機械は、20ジュールくらいまでしか光の出力を上げられません。
1回施術を受けても、まだ皮膚の下にたくさんのむだ毛が残っているので、医療用レーザーより施術回数を増やさなければ、脱毛が完了しないのです。

■技術の違いも大きい
では、光脱毛は、マシンのパワーをMAXにしても安全かというと、そうではありません。
パワーが医療用レーザーより低い光脱毛のフラッシュライトでも、使い方によってはヤケドをします。
安全に脱毛するには、出力の違いだけでなく、安全に脱毛するノウハウを持っているクリニックやエステを選ぶべきです。


Copyright (C) 医療用レーザー脱毛の回数は何回やればきれいになる?. All Rights Reserved. |リンク