医療用レーザー脱毛の施術回数

医療用レーザーの施術回数は、クリニックによって差があります。
少ない場合は、4回から5回のコースもあれば、10回から20回のコースを推奨しているクリニックもあります。
エステと比較すると、都度払い(1回ごとに料金を払って脱毛するシステム)を採用しているところが比較的多いので、コースを選ぶ自信がない場合は、まず都度払いで脱毛を試すのも良いと思います。

脱毛の回数は、レーザー光線を当てる部位、年齢、体質などが大きく影響します。
若い人は、体毛の成長が活発なので、年配の人と比べると、脱毛回数が多くなります。
40代を過ぎると、おおむね体毛の活動が落ち着いてくるので、比較的少ない回数で脱毛を完了できます。
ただし、白髪はレーザー光線が反応しないので脱毛できません。

■毛質によって脱毛効果が違うのはなぜ?
細くて色の薄い体毛より、太く濃い毛の方がレーザー光線のパワーを集めやすく、良く燃焼するので脱毛効果がはっきり現れます。
そのため、脱毛後に生えてきた毛が細くて色が薄いと、レーザー光線を当てても、はじめに生えていた濃いむだ毛より脱毛効果が現れにくくなります。
つまり、メラニン色素が多いむだ毛ほど、レーザー脱毛に適しているのです。

■平均的な脱毛回数
むだ毛の中でも、ワキのように太い毛が生えている個所は、ほとんどの場合、4回から6回のレーザー照射で脱毛できます。
VIOは、やや回数が多く必要ですが、6回から9回くらいの照射でほとんどむだ毛が気にならなくなります。
脱毛回数が多く必要なのは、背中やフェイスラインのうぶ毛で、10回から20回の照射が必要になります。


Copyright (C) 医療用レーザー脱毛の回数は何回やればきれいになる?. All Rights Reserved. |リンク